新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます

 

 今年もOLYMPICをよろしくお願いします

 

  2017年 初日の出を拝みに、東伊豆へ

 

 後光をあびて気持ちをリセット! 

 

  

  

    

          

 

 初釣りも済ませてきました  

ナイスなサイズ!!

 

NEWロッドとリールも入魂達成

 

少しだけ遊んでくれました

 

 それでは皆さま、2017年も良い釣りができますように!!

 

 

 

 

 

 


Silberado

どうも馬上です。

 

超久々の寄稿になります。

今回は今年の大阪FSでお披露目させていただいたSilveradoを題材にしたいと思います。

 

本来は広告塔である我々テスター陣がもっと世間様に向けて情報発信せねばならないのですが、

前述のとおりSilberadoというロッドがリリースされます。

 

Silveradoはチヌ専用ロッド(チニング専用)として開発されたロッドです。

今までは全国的に見ても一部地方でしかチニングというカテゴリは成立していなかったのですが、

ここ近年では大阪を中心とした関西圏でも広く親しまれるようになった釣りといえるでしょう。

特に潮干狩りが盛んな地域では、サーフでもこの釣りが成立するので、試したことのない地域の方は

だまされたと思ってやってみてください。

 

さて、Silveradoの特徴について解説したいと思います。

私が考えるチニングにおけるロッドへ求められる性能とは下記がポイントとなります。

 

・ボトム感知能力が高いこと

・チヌのついばみ型のバイトに対応できるティップ

・根掛かりの回避能力

・40cm前後程度なら抜きあげる事ができるバットパワー

 

これに加え、キャスタビリティーや、軽さ、デザイン、耐久性等のあたりまえ品質が基盤としてあります。

要は、私の求めるチニングロッドの付加価値が上記の4項目なのです。

 

特に、ボトム感知性能は、チニングにおける最たる付加価値だと私は考えています。

ここのところが専用ロッドでなければできない部分でもあり、専用ロッドが必要なファクターとなります。

Sileradoは、Tiroよりも繊細で、だけどメバルロッドよりもハリの強い絶妙なバランスのティップを採用しています。

これはボトム感知能力、すなわち感度へ直結するセクションなので、チニングロッドの肝となる部分です。

このティップのおかげで、ボトムの地質、ストラクチャーの位置、河川の場合はその流速、もちろんバイトに至るまで、

様々な情報をアングラーの手元へと伝えてくれます。

 

とはいえ、シブい時のチヌは超ショートバイトが多く、ハリを持たせただけだとフッキングに至らず弾いてしまうこともしばしば。

弾かない程度の繊細だけどハリがあるティップバランスが重要になってきます。

これは、根係の回避性能にも一役買っています。

ボトムをずる引きしている途中にストラクチャーと鑑賞した場合、食い込みの良いロッドだと、

ストラクチャー自体に食い込んでしまい、最終的にリグのロストにつながります。

ここまでがティップセクションからバットセクションにかけてが担う役割です。

 

 

次にバッドセクション。「40cm前後程度なら抜きあげる事ができるバットパワー」です。

身近な釣りだからこそ、できればタモは保険的なものに留め、できるだけ軽装備で釣りをしたいものです。

ここで必要となるのがバットパワーです。SilveradoはG-MAPS製法で生成された軽くて強靭なバッドを持っています。

さらにクワトログラファイトクロスXXを巻いているので軽量かつ高剛性なロッドを作り出すことができるのです。

まぁ、ざっくり言うと縦横の繊維方向から構成されるブランクスに目の細かい4軸のカーボンシートを巻いているわけです。

このおかげで40cm前後のチヌであれば少足場が高くても抜きあげる事ができるだけのロッドパワーが生まれました。

 

と、まぁこんな感じでバランスの取れたチヌロッドがOLYMPICからリリースされるわけです。

そんな最新のチニングロッドをもって釣りへと出かけてみました。

 

場所は河川・・・ではなく離島の小さなワンド。

潮干狩りが楽しめるようなところで、ボラの稚魚が水面でざわついているようなところです。

小規模な流れ込みこそあれど、汽水とは程遠い塩分濃度の場所となります。

実は何を隠そう、アジングのついでに寄ってみた程度なのですww

 

Silverado のボトム感知能力の高さを利用して、ボトムの形状を頭の中で3D化しイメージしていきます。

そしてある程度ブレイク、地質の変化、ストラクチャーの位置がわかってきたので、

集中してバイトを待っていると、千怒独特のグンッグンッと引っ張られるようなバイトがありました。

すかさずフッキングすると難なく成功。

ベリーからバットにかけてのロッドパワーでグングンとチヌを寄せていきます。

 

上がってきたのは良型の本命でした。

河川とは違い、サーフエリアの真っ黒な魚体は風格があってカッコいい!!

満足な一匹となり、私はいそいそとアジングを再開することにしました♪

 

 


待ちに待った梅雨メバル、いよいよシーズンイン!

梅雨の水温低下で一時的に活性が上がる“梅雨メバル”。
ベイトの成長につれて大型が期待でき、毎年メバリングファンを沸かせています。

今回はフィールドテスターの野田信也さんから、
シーズンの幕開けを感じる釣果報告をいただきましたのでご紹介いたします!


「今年も待ちにまった梅雨メバルのシーズンインとなりました。
 産卵を終えて体力も回復した元気なメバルが次々とロッドを絞ってくれました!」


ブリッブリのメバルを手に「スーパーフィネッツァエサゴナーレはダイレクトにアタリが伝わり操作性も申し分なし」 と語る野田さん。


「この日はプラッキングとワームで広範囲に攻める作戦が功を奏しました」 と、ナイスサイズを連発!



尺超えを含め、たくさんの梅雨メバルをゲットされていました。
このチャンスに、みなさんも狙ってみてはいかがでしょうか!?

☆渓流ヤマメ釣行 in 神流川☆

こんにちは、開発の佐藤です。
今年も渓流のシーズンがやってきました。
と、その前に開発に新メンバーが加わりました!
指田くんです!みんなからは「さっしー」と呼ばれています。
いろんなジャンルの釣りをやっていて、釣りに関してはかなり詳しいさっしー。
今回はさっしーの歓迎会を兼ねて、開発メンバーは群馬県にある神流川にBBQ+渓流ヤマメ釣行に行ってきましたのでその様子をご紹介いたします。



入った場所は河原まで車で降りれるひらけたポイントです。
ここはキャッチ&リリース区間でかなりのヤマメが見えました。
すでにフライの先行者が何人かいましたが、そんな中さっしーが魅せます!(笑)
釣りを始めてソッコーで2匹かけてました。
思わず「早っ‼」っと突っ込みたくなるほどのスピード。
得意げな顔をしてましたね。笑
釣れるヤマメはとても綺麗な魚体です。



どれも25儖幣紊呂△蝓△覆なかのパワーです。
友金部長も掛けます↓



ミノーに好反応‼
私もベイトフィネスでもGET‼↓



枝さんもベイトフィネスロッドを自作してしっかりと釣っていました。
ロッドもいい感じみたいです。
お昼になりお待ちかねのBBQ。



河原で食べるとなぜかいつもよりおいしく感じます。
気温も良く天気にも恵まれ最高の歓迎会になりました。
午後も釣りをしましたがスレ気味でなかなか反応してくれません。
キャッチ&リリース外のエリアも攻めてみましたが釣れなかったので高速が渋滞する前に早めの撤収です。
私個人的には2016年がスタートしてボーズ地獄におちいり抜け出せずにいた中、今年初フィッシュをGETできて本当に良かったです!(笑)
と、こんな感じの一日でした。
今後のさっしーの仕事ぶりに期待を膨らませる開発陣でございました。

<釣行日>
2016.3.19

釣り納め2015

明けましておめでとうございます!
開発 枝です。

皆様、2015年は満足行く釣りができましたでしょうか?
私はまあ・・・。
2016年は仕事は勿論の事、釣りも全力で励んで行きたいと思います!!
そして放置気味のブログをガンガン書いて行きたいと思います(汗)

昨年末に釣り納めをしてきたので、少しご報告。

2015.12.28〜29 静岡県

仕事納めのこの日、会社から車で2時間程かけ、静岡の方へ。
開発 佐藤さんのライトゲームオススメスポットがあるとのことだったので、
Nouvo Finezzaを持って、アジ、メバル、カサゴ狙いに!

着いたのは、下げで満潮から2時間経過した辺り。
気温は3°。
風がない分、多少は寒さが和らぐものの、やはり寒い・・・。

1ヶ所目で、早々にカサゴが遊んでくれるものの、サイズは15cm程度。
折角静岡まで来たのだから、腹パンパンのメバルが釣りたい!!

ということで、2ヶ所目に移動。
まずは表層から攻め、キャスト毎に棚を変えて、
底の方まで攻めてみるとグッというアタリ!


Nouvo Finezza GNFS-6102UL-S

良型のカサゴでした!
実は私が釣る前に同じ場所で、佐藤さんが魚を掛けたものの、バラしてしまい、
そのすぐ近くにワームを通した私が釣れました♪
もしかしたら佐藤さんが釣っていたはずの魚かもしれないし、別の魚かもしれないし・・・。

その後、アタリも遠のき、場所を移動してみる釣果は出ず、
狙っていたアジとメバルの釣果はなく、2015年の釣り納めとなりました。

2016年は早々にリベンジに行き、腹パンパンのメバルを釣りたいですねぇ♪


釣り納めの話はさておき、

今年もオリムピックはフィッシングショー大阪出展致します!!



2015年の新製品の展示や、2016年に発売を予定している新製品も展示致します。
2016年にフルモデルチェンジするあの人気モデルも展示してありますよ♪
この機会に是非オリムピックの竿を触って、曲げて、体験してください!
展示品の前には、随時フィールドテスターの方々や、私達開発メンバーも待機しております。
釣りのテクニックの話、釣竿の作りの話、釣り以外でも気になることがあれば、色々聞いてください♪
私としてもお客様の生の声を聞けるとても貴重な時間です!!
また今年も特設ブースを設けて、フィールドテスターの方々のトークショーも開催致します。

  図1.png

フィッシングショーにご来場の際は、是非オリムピックブースへお立ち寄りください。
お待ちしています!!

 

ミニボート

どもっ。馬上です。

前々から興味があったカテゴリなのですが、先日やっと着手出来る様になりました。
それは、2馬力船外機を用いたミニボートフィッシング♪
船外機のメンテナンスを終え、早速出船してみました。



普段はショアからのライトゲームメインなのであまり勝手がわからず、
37度を超す猛暑日に2度ほどホゲてしまいました。。。
暑いし、バイトはないしで、かなりしんどい釣りでしたが
マイボートで海に浮いているだけでも少しリフレッシュできました^^



さぁ、3度目の正直って事でエリアを変え挑んでみました。
午前中は全くバイトがなく、「こりゃ、またダメなのかな。。。」なんて思っていると、
15時を過ぎて涼しくなり始めた頃にバイトがポツポツと出始めました。

しかし、どれもこれもショートバイトばかりで、フッキングには至らず。。。
やっとフッキング出来る様なバイトが出始めたのがそれから30分後の事でした。

潮上からブレイクに乗せてボートを流していると、今までとは違った明確なバイトが!!
すかさず合わせを入れると、手ごたえ十分の重量感がバットを襲います^^
やっぱ、釣れなきゃ釣りは面白くないですね(笑)
慎重に巻き上げ、姿を見せたのは本命のアコウでした♪


その後、潮が緩み釣れるのはカサゴオンリーと言うさみしい結果に。。。
もう少し釣行を重ねてマイポイントを見つけるまでは、釣果に恵まれそうにありませんが、
これも釣りの楽しさの一つ。
ポイント探しを当分の間楽しみたいと思います!!

初夏のシロイカ

この時期恒例のシロイカシーズンがやってきました!

昨年は数がそれほど多くなかったようだが、
今年はかなり好調の様子。

友人からチャーター船でのお誘いがあり、

友人「先週は98杯でクーラー満タンやったでぇ〜!
   ここで行かないでいつ行くの?」
 私「今でしょ!」(←ちょい古い)

というやりとりもありつつ、鳥取県の勝栄丸でいざ出船しました。

今回は、本来アジングロッドとして開発された
“スーパーコルトエサゴナーレ GOSRES-64L-HS”
がベースのテストモデルを使用。

アジングロッドとしては非常にパワーがあり、
高弾性ブランクスならではの張りと感度の良さが
ティップランでの使用に大正解!

これをベースに開発されたのが
“カラマレッティープロトタイプDue GOCPDS-642M-SS”。

ティップラン用としてはテストを充分にできていたが、
今回シロイカ釣りに持ち込んでみました。

スッテは着底と同時にジャーク・ジャーク・ピタッとステイ。

ここでアタリが出ることが多く、しっかりしたバットパワーでエギを動かすことができ、
食い上げ(抱き上げ)やわずかな抑え込みも逃さない、期待通りのアクションでした。



船の灯りでイカが浮いてきた状況ではやはり、
カウンター付リールを使用したベイトタックルの出番!

“カラマレッティープロトタイプTipo-L GPCPLS-692L-LE”が
アタリの多い棚探しにおおいに役に立ってくれました。

この日は出だしは好調でしたが徐々にアタリが少なくなり、
22時にストップフィッシングとなりました。

ひとつの目標である100杯越えを目指し、
またチャレンジしたいと思います。





記:野田信也

梅雨メバル満喫中!

今年の日本海は週末ごとに天気が荒れ、なかなか凪の良い日にめぐまれませんでした。

寒気が日本列島の北部にあることが多く、不定期の大きなうねりが押し寄せ、
今回も足場の低い本命ポイントには立てないが何とか釣行が成立した。

ロッドは15ヌーボフィネッツア GNFS-832ML-Tをチョイス。

瀬戸内の気難しいメバル相手と違って、日本海のメバルタックルは一回り強いものを使用します。

針も細軸では折られたり、伸ばされてしまうので太軸のものが安心です。

この日は暗くなるにしたがってメバルの活性が徐々に上がり、25〜30クラスのうち
アベレージサイズが26〜27と大型メバルのパワフルなファイトを堪能できました。

この日も波気があったのでそのまま抜き上げての取り込むことにしたため、
ロッドパワーも時として必須な要素になります。

最近は釣ったメバルをライブウェルで生かしておいて、最後にまとめて神経〆。
鮮度重視で持って帰ります。

2015めばる1.jpg

この時期のメバルのお刺身は上品で、冷えた日本酒とよく合い最高です。

24センチ以下のメバルはライブウェルに入れることなくお帰りいただきました。

このライブウェルは通常、道具入れとして背負子に背負って地磯へ降り立ち、
ライブウェルとして使った後また道具を入れて背負って帰る。

これが私のお気に入りメバルスタイルです。

今年は気温が不安定なせいか水温の上昇が抑えられて、
梅雨メバルの時期がもう少し楽しめるかもしれません。

今シーズン、夢の35センチオーバーを目指して、また挑戦したいところです。

2015メバル2.jpg



記:野田 信也

2015ゴールデンウィーク釣行まとめ

皆様!ゴールデンウィークは、天候にも恵まれ存分に楽しまれましたか??

毎年この時期は、シーバスで決まりでした。

しかし数年ほど前からナマズの魅力に取りつかれ、

この時期からどうしても闇夜に響くバイト音を聞きたくて

初戦はナマズナイトに!





しかし結果は惨敗!!

見事にワンバイトも貰えませんでした。



第二戦は気持ちを切り替えシーバスに!

潮周りもまずまず、ほぼ鉄板ナイトになるでしょうと予測!

夕刻18:45よりいつものベイエリア 都市型河川との合流部!

時合を知らせるコウモリは今年はまだ飛んでません。

手持ちのルアーをあれこれローテーションするも

しばらくは沈黙!

来るであろう時合まで辛抱!!

下げの流れも効き出し、いよいよかと期待するも

水面にはボイル・モジッテいる感じが全然出ないまま・・・

プレックスで水面下を流して

ようやくファーストバイト

716.JPG 

よく引いたこの子は58cm。この時期では自分的には上出来な方。

さあいよいよ時合突入!

と期待するも後が続かない…バイトすら無い。

一時間後ようやくお触り程度のバイトが,,,しかし乗らず。

粘ってようやく2本目

ヌーボアルジェント  GONAS-862L
718.JPG
エリテンで55cm

この後も粘るが、期待していた地合いは訪れないまま。。。。

トリッキーも極少量出ていた感じだが、

例年この時期は雨が降っているかのような波紋がびっしり描かれ、

それにつられボイルも頻繁に出るイメージだが、そのイメージは全然なしの状況。

次の潮周りは期待できるのか?

期待値が大きかっただけにチット残念。



第3戦目は
 
シーバスの状況も思わしくなかったので再度ナマズナイトに

エリアを変えて挑戦!

いよいよ田植えも終わり、用水路にも水が入り水路の落ち込みも

いかにもといった雰囲気!

夕刻時、ルアーがぎりぎり視認できるローライト下で

水路の落ち込みにフロッグを落とし、ステイしていると

「モンドリバイト」 

フロッグも水中へ引きずり込まれるも

すっぽ抜け。。。。。。。。

再アタックはなし。ファーストバイト獲りたかった!!

対岸に渡り同じようなステイのタイミングでバッフと

そうそうのこのバイト音が聞きたかったのだ が乗らず!

少し上流部へ移動し、藪漕ぎしながら岸際を平行に自作ジッターを引いてくる。

バッフと一瞬重さも感じ乗ったーと思ったが

またもや、すっぽ抜け。うーーーー

諦めずに打ち続けるとようやくバッフと乗ってくれました!
 
’15ヌーボボスコ GNBC-69MG  巻物・TOP系にGOOD!!
722.JPG
          
4バッフ1キャッチ

ようやく今年もおそおその開幕!!

カエルの合唱を聞きながら、闇夜を切り裂く捕食音。

良い季節になりました。

それでは皆さん良い釣りを!
 

どもっ。馬上です。

[春告魚]
メバルの事を指す代名詞としてよく使用されています。
春と言えばメバルが1年間で最も簡単に釣れる時期です♪
誰が名付けたのか知らないですが、メバルが最たる季節を迎えた頃に
春が訪れると言う事で付けられた名前だと思います。
名付け親は海の中や気候、木々の様子を観察して自然とそう呼んだのだろうと
勝手に想像してしまいますが、何だかほんわかした柔らかい印象を与える言葉です。

さて、冬季から初夏にかけては、そんなメバルの取材がめじろ押しな訳でして、
大体一月に2〜5件程度の原稿依頼や実釣取材が舞い込んで来ています。
実にありがたい事です♪
4/15 現在、僕の住む瀬戸内海では、イカナゴやイカをはじめとして
多くのベイトパターンが海の中を賑わせています。
となると、やはり活躍するのがこのロッド。

Nuovo Finezza Prototype S.T Limited



2015年 大阪FSで発表したモデルですが、瀬戸内の流れに負けないロッド作りをコンセプトに、
従来のメバルロッドよりハリの強いアクションに仕上がっています♪
レングスは6”10、7"5、7"11の3機種で、今回は各々の使い分けをテーマに綴ってみたいと思います。

@GNFPS-6102L-HS


このレングスは、ジグヘッド単体や軽めのスプリット、軽めのプラグ等、キャストするリグの重さが
比較的軽いものを選定したときに使用して頂きたいロッドです。
ティップにはハードソリッドを採用して、メバルの反転バイトを弾かず、
それでいても流れに負けないハリのあるティップアクションとしました。
似たような機種でCORTO Esagonaleの6”10があるのですが、バットパワーはS.T Limitedの方が強く、
ティップはS.T Limitedの方が入ると言った感じです。
鯵のバイトも取って掛ける事の出来るロッドなので、軽量リグを使用する場合のバーサタイルな一本です。

と言う訳で、先日は39cmのアジをショアから釣る事に成功しました♪



この日はレンジが深めだったので、5B+0.6gのJHでボトムちょい上の
中層を漂うような微妙なアクションが効果的でした!
感度面ではレンジの把握能力も問題なく、バイトもしっかりとリールシートまで伝わってきたので、
中々に満足いくロッド作りができたと思っています。
試しにこのクラスの魚を抜き上げてみたのですが、パワー的にも不安はなかったので十分でした^^

GNFPS-752L-T



このロッドが3本の中でも一番特色があるロッドなのではないかと思います。
マイクロワインドや、軽めのメタルジグの操作も視野に入れて作ったロッドです。
こういったリアクションバイトを得るためのロッドワークを必要とする場合には、
操作性の向上を目的にベリーからティップにかけてかなりシャキッとした
アクションが求められる訳ですが、このロッドもかなりシャキッとしています。
しかし、そう言う方向へロッドアクションを振ると、
当然の様にメバルのバイトを弾いてしまいがちになります。
実はそこでハードソリッドをティップに入れるといくらか緩和されるのではないかと思い、
試作して頂いたのですが、それだとやはりティップが入りすぎてしまって、
操作性が犠牲になってしまいました。
テストを繰り返し、サンプルロッドを何度も比較しましたが、
結局この釣りにはチューブラーモデルがベストマッチでした。
この手のアクションのロッドはロングレングスが多いのですが、7"5と言う取り回しのいいレングスは
意外と少ないんですよね。そう言った意味では類を見ない特色の強いロッドになっています。
もちろん、JH単体の釣りも十分こなしますし、実はこの3機種で最も使用バンドの広い1本となります♪



ラインはフロロかPEを使用しているのですが、トルクフルな今時期のメバルでも
ロッドパワーに余裕があるので楽しみながらやり取りができます。

GNFPS-7112UL-T


このロッドの特色は、操作性の良いちょっと短めのパワーロッドです。
キャロや重ためのメタルジグで使って頂きたい一本なのですが、今までのパワーロッドって
どれも8ft台が多く、流れの中で釣るには若干操作性が悪くなったりしてダイレクト感が薄れてしまいます。
そこで、7ft台のパワーロッドを必要としていたのですが、このモデルを追加した事でそこの穴が埋められました。
グリップエンドからリールシートまでの距離も長めに設定してありますので、
ゲストのシーバスやチヌ、真鯛でもグリップエンドを腕に当てながら余裕でファイトを楽しめます。
6”10や7”5とは違い、7"11だけMLクラスとして表記されています。
ロッドアクションは他の2本よりもスロー気味ですが、一番キレイなベントカーブを見せるのもこのロッドです。
外洋を視野に入れたときは最もバーサタイルな1本となるはずです。



この画像は試作機で一つテンヤをした時のものです。
水深もあるし、ターゲットもメバルより大きいので厳しいかなぁと思いつつ、
試しに持ち込んでみると全然余裕。。。
むしろ、ちょうどいいくらいのパワーでした。
もちろんショアからのシーバスや真鯛も余裕で対処できますし、メバル特有の突込みにも負けません。
それでいて弾かない程度に入るティップと操作性のいいショートレングスは、
きっと瀬戸内の激流の中では武器になるはずです。

と言う事で、今回はS.T Limitedの紹介でした。
明後日はOLYMPIC TVのロケを予定しています。
使用するロッドは15’ Nuovo Finezzaを3機種程予定しています。
どういうロケになるか分からないですが、とにかく頑張ってきます!!


| 1/22PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM